WORKS

文化文政(1804-1829年)頃に始まったと伝えられている会津の板かるたを現代の若い作り手達が会津塗で制作しました。


「あいづ伝統工芸フェア」および「会津食と技の祭典」期間中、100枚のうち50枚を、通常展示場所から出張して、会場にて展示します!


※「あいづまちなかアートプロジェクト」として、10月7日(日)から、福西本店(中町4-16)9:00~17:00で通常展示しています。※入館料がかかります。

会津塗板かるた制作の様子です。展示をお楽しみに!!

会津ブランドものづくりフェアinまちなか2018の2大イベントの一つである「会津食と技の祭典2018」をご紹介します!

日時:平成30年10月20日(土)21日(日)

10時から16時(21日は15時まで)

場所:鶴ヶ城体育館(会津若松市城東町14-51)

会津食と技の祭典は、「作る・見る・食べる・飲む・買う」を通して、会津地域の様々な地場産業を体験できるイベントです!


「あいづ伝統工芸販売市」

会津漆器、会津本郷焼、奥会津編み組細工など、会津地域の伝統的工芸品を中心に販売を行います。

「伝統工芸展示コーナー」

今年は、会津漆器協同組合青年部が会津塗の技法を駆使して作った「板かるた」と、15段重ねの盃を展示します。

また、未来の作り手である会津漆器技術後継者訓練校の生徒や卒業生の作品を展示します。

「親子ものづくり工房」

会津塗の蒔絵体験や、絵ろうそくの絵付け、起き上がり小法師の絵付けなど、伝統的工芸品を身近に体験できるコーナーです。親子で一緒に参加してみませんか?

※詳しい体験メニューは後日お知らせします。

「ものづくり企業ワークショップ」

会津地域を代表するものづくり企業による最新技術の紹介や実演、工作体験、ワークショップなどを行います。

※参加企業・・・・㈱アイザック、会津オリンパス㈱、㈱シグマ、大建工業㈱、玉川エンジニアリング㈱、㈱羅羅屋

「会津清酒のススメ」

福島県は今年、六年連続「全国新酒鑑評会」金賞受賞蔵数日本一を達成いたしました!

福島県の中でも、会津は米どころであり、酒どころでもあります。

会津の銘酒が勢ぞろいし、試飲や酒造りの紹介を行います。また、会津清酒を支える杜氏(とうじ)の紹介も行います。

「飲食コーナー」

屋内・・・駅カフェによる、コーヒー・お菓子で一休みいただける、カフェスペースがあります。

屋外・・・会津地域のおいしいものが大集合!お肉やB級グルメなど♪また、ゆかりの地の特産物等の販売も行います。

※詳細は順次アップしていきます!    

同時開催イベント

「ジュニア・エコノミー・カレッジ」(会津食と技の祭典と同日程)

児童(小学5・6年生)がアイデアを出して作った商品を自ら販売し、商売の面白さや難しさを体験するイベントです。

会場:鶴ヶ城体育館南側駐車場

主催:会津若松商工会議所青年部


【ふくしま防災フェア2018】

 「見て、触れて、学んで」をコンセプトに、最新防災グッズの展示や、災害時に活躍する車両への搭乗、子どもさんへ制服貸出しなど、様々な体験を通して楽しく防災を学べます。日頃からどうやって身を守るかなどを話し合うきっかけづくりを目指します。

会場:鶴ヶ城体育館東側駐車場

事務局:ふくしま防災フェア実行委員会


開催場所はコチラ↓

◎会津漆器技術後継者訓練校卒業生の作品展 様式はこちら(ダウンロードしてご使用ください)↓

「会津ブランドものづくりフェアinまちなか2018」2大イベントの一つ「あいづ伝統工芸フェア」をご紹介します!

日時:平成30年10月12日(金)から14日(日)

   10時から18時(14日は17時まで)

会場:會津稽古堂 多目的ホール・市民ギャラリー

会津塗、会津本郷焼、奥会津網組細工、奥会津昭和からむし織といった会津地域の伝統的工芸品を中心にPRするイベントです。

これまで地域に根付いてきた伝統工芸の新たな一面に出会える機会になるかもしれません。


多目的ホール

「会津伝統工芸士作品展」

会津塗や会津本郷焼、奥会津編み組細工などの伝統工芸士をパネル紹介するとともに、伝統工芸士の皆様の代表的な作品を展示いたします。

「会津地域の伝統的工芸品の歴史・技法・素材の紹介」

伝統的工芸品の歴史や技法をパネルで分かりやすくご紹介します。また、作品となる過程や、素材も展示いたします。

市民ギャラリー

「伝統工芸テーブルコーディネート展示」

会津塗を中心に伝統工芸品を使用してテーブルコーディネート展示を行います。

伝統工芸品を使った食卓で新たな発見があるかもしれません。

開催場所はコチラ↓

10月21、22日の会津食と技の祭典の特別企画として、「会津肉の祭典2017」を開催します!!!


会津地域のこだわりの畜産物(牛、豚、馬、鶏)が大集合します!

一堂に集まるのはここだけですので、会津食と技の祭典にお越しの皆さまはぜひ味わってみてください♪


■販売内容

・株式会社ハヤオ

 奥会津牛メンチカツ、会津産健育美味豚のスペアリブ、串焼き、モツ煮


・株式会社会津地鶏ネット

 会津地鶏の丸焼き、焼き鳥、親子丼、塩焼きそば


・株式会社会津畜産

 会津産馬肉の焼き肉丼



※10月18日新聞折込のチラシを持参の方には、屋外飲食ブースで特典を受けることができます!

増量や割引、プレゼントなど各ブースによって特典は異なりますので、当日をお楽しみに!

特典は数に限りがございますので、お早めにお越しください。

「会津ブランドものづくりフェアinまちなか」2大イベントの一つ「あいづ伝統工芸フェア」をご紹介します!


日時:平成29年10月27日(金)~29日(日)

   10時~18時(29日は17時まで)

会場:會津稽古堂 多目的ホール・市民ギャラリー


※あいづ伝統工芸フェアとは?

会津塗、会津本郷焼、奥会津編み組細工といった会津地域の伝統的工芸品を中心にPRするイベントです。

これまで地域に根付いてきた伝統工芸の新たな一面に出会える機会になるかもしれません。


多目的ホール

◆会津伝統工芸士作品展

 會津塗や会津本郷焼、奥会津編み組細工の伝統工芸士をパネルで紹介するとともに、伝統工芸士の皆様の代表的な作品を展示いたします。

◆会津塗大盃・重盃の展示

 会津漆器協同組合青年部が会津塗の技法を駆使して作った直径80cmを超える会津塗の大盃と、15段重ねの盃を展示します。歴史に残る作品をあいづ伝統工芸フェアの会場でもご覧いただけます。


◆あいづものづくりコンテスト

 会津の素材を生かした新しい伝統工芸品を展示し、来場した人による投票によりコンテストを実施します。

  表彰式は10月29日15時から。

市民ギャラリー

◆伝統工芸テーブルコーディネート展示

 会津塗を中心に伝統工芸品を使用してテーブルコーディネート展示を行います。


会津ブランドものづくりフェアinまちなかの2大イベントの一つである「会津食と技の祭典2017」が下記の日程で開催されます!


日時:平成29年10月21日(土)・22日(日)

   10時~16時(22日は15時まで)

場所:鶴ヶ城体育館(会津若松市城東町14−51)


◆会津食と技の祭典とは?

作る・見る・食べる・飲む・買うを通して、会津地域の様々な地場産業を体験できるイベントです!

   



◆あいづ伝統工芸販売市

会津漆器、会津喜多方漆器、会津本郷焼、奥会津編み組細工など会津地域の伝統的工芸品を中心に販売を行います。

◆伝統工芸展示コーナー

会津塗・会津本郷焼の技術で作成したおちょこや盃の展示や、未来の作り手である会津漆器技術後継者訓練校の生徒作品を展示します。


◆親子ものづくり工房

会津塗りの蒔絵体験や本郷焼絵付体験、編み組体験など伝統的工芸品を身近に体験できるコーナーです。このほかにも、絵ろうそくや起き上がり小法師の絵絵付体験、テクノアカデミー会津やポリテクセンターによる工作体験もあります!

※詳しい体験メニューは後日お知らせします。

◆ものづくり企業ワークショップ

会津地域を代表するものづくり企業による最新技術の紹介やワークショップを行います。

※参加企業・・・・㈱アイザック、会津オリンパス㈱、㈱シグマ、大建工業㈱、玉川エンジニアリング㈱、㈱羅羅屋

◆会津清酒のススメ

会津の銘酒が勢ぞろいし、試飲や酒造りの紹介を行います。また、会津清酒を支える杜氏(とうじ)の紹介も行います。


◆飲食コーナー

屋内・・・あいづ商工会や駅カフェによるお休み処(コーヒーやお菓子があります)

屋外・・・あいづ「道の駅」交流会による会津地域の道の駅のおいしいものが大集合!

     「ゆかりの地」(青森県むつ市・神奈川県横須賀市)の特産物等の販売。

     当日はむつ市のホタテ焼きや横須賀海軍カレーも食べることができます♪

     そのほか、そばやソースカツ丼などもあります!

そのほか、木材を使った屋外ものづくり体験や会津ブランド認定品の紹介もございます!



同時開催イベント


ジュニア・エコノミー・カレッジ(会津食と技の祭典と同日程)

児童(小学5・6年生)がアイデアを出して作った商品を自ら販売し、商売の面白さや難しさを体験するイベントです。

会場:鶴ヶ城体育館南側駐車場

主催:会津若松商工会議所青年部


勤労青少年ホーム「ホーム祭」

働く若者が企画運営するイベントです。ステージ発表やゲーム、体験、チャリティバザーのほか、抽選会も行います。

日時:10月22日(日)10時~15時

会場:文化センター及び勤労青少年ホーム(鶴ヶ城体育館となり)

主催:会津若松市勤労青少年ホーム連絡会

今年も会津ブランドものづくりフェアinまちなか~あいづ伝統工芸フェア~において、「あいづものづくりコンテスト」を開催します!

出品商品を募集しておりますので、作り手や売り手の皆さん、この機会にぜひご参加ください!!


※あいづものづくりコンテストとは…

作り手・売り手による新しい商品づくりを支援し、多くの地域の皆様に会津地域の伝統工芸品の魅力と技術力を見ていただき、来場者による投票とアンケートによって優秀商品を決定します。


■開催期間:平成29年10月27日(金)~29日(日)

■開催場所:會津稽古堂 多目的ホール


■テーマ:「ターゲットを明確にした會津伝統工芸品のものづくり」

・作り手や売り手が「売りたい!」、使い手が「買いたい!」と思うような商品づくり

・誰がターゲットで「使う・贈る」ものなのかをはっきりと意識した商品づくり

・会津の技術、素材、文化的背景を意識した商品づくり


■部門

A部門:伝統的工芸品指定技術による会津塗部門(伝統的工芸品指定技術の会津塗とは?)

B部門:会津塗部門

C部門:会津地域の伝統工芸品部門(会津本郷焼、奥会津編み組細工、会津桐、会津木綿、からむし織等)


※出品商品については、首都圏でのテスト販売又はアンケート調査、市内施設での展示会などを実施する予定です。

※新規製作、未発表商品に限ります。 


■参加申込:平成29年7月19日(水)まで

 参加申込書に記入の上、会津ブランドものづくりフェア実行委員会(会津若松市商工課)まで、FAX・郵送・持参・メールによりお申し込みください。

 ※参加申込書はこちらからダウンロードしてください。


■申し込み・お問い合わせ先

〒965-8601 福島県会津若松市東栄町3番46号 会津若松市役所商工課内

会津ブランドものづくりフェア実行委員会

FAX:0242-39-1433 TEL:0242-39-1252

メール:shoko@tw.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp


<コンテストの流れ>

1、参加の申し込み

 参加したい!と思った方は、まずは参加申込書を事務局まで提出してください。

 ※7月19日(水)まで


2、商品エントリーシートの提出

 参加申込後、事務局より商品エントリーシートを送付します。

 商品の素材や作り方など、詳しい情報をエントリーシートに記入いただき、提出していただきます。この情報が開催期間中の展示パネルになります。

 エントリーシートはこちらからもダウンロードできます。

 ※9月27日(水)まで


3、商品の搬入

 商品ができたら、開催日前日の10月26日(木)13~18時までに会場(會津稽古堂)までお持ちください。


4、来場者による投票

 商品を10月27日(金)~29日(日)まで展示し、来場者による投票を行います。

 来られた方が「買いたい!」「使ってみたい!」と思うような商品に投票していただきます。

 最終日29日(日)には各部門1位を表彰します!(表彰式15時~)

 受賞者には当日の午後にご連絡しますので、ドキドキしながらお待ちください。


5、商品の搬出

 出品していただいた商品は29日(日)17時から搬出できますので、会場まで取りに来てください。当日来られない方は事務局までご連絡ください。


6、東京ミッドタウンでテストマーケティング

 コンテストに出品いただいた方の中から、東京ミッドタウンでテストマーケティングを行います。販売をしながら、お客様にアンケート調査も実施します。

 今後の作品作りの参考や販路拡大のチャンス!


会津ブランドものづくりフェアinまちなかのホームページが出来上がりました!

今年度の情報はホームページとFacebookで発信していきます。

ぜひご覧ください!